子供の便秘解消は水分補給を

水分不足になりがちな子どもには、大人より十分な水分補給を

最近は大人ばかりでなく、こどもの便秘も増えています。食生活の偏りにも問題はありますが、やはり大きな要因は水分不足だといえるでしょう。特に子供は野菜嫌いな場合が多く、どうしても大人より水分不足になりがちなのです。しかも、新陳代謝が活発な子供にとっては、大人以上の水分が必要となります。子どもが便秘になるのももっともですね。

水分は腸の蠕動運動を活発にし、便を柔らかくして排出し易くしてくれます。特に、胃が空っぽのときに冷たい水を飲むと、胃が刺激され、さらに腸の蠕動運動を活発にしてくれるので、朝の水分はより大切だといえるでしょう。夜寝ている間に消耗した水分をたっぷり摂り、キチンと朝食を食べることで、毎朝の排便リズムを作りましょう。

学校などでの集団生活では、なかなか自由に水分を摂れません。ですから、朝や帰宅後には十分な水分を与えるよう、気を付けてあげてください。とはいえ、子供はなかなか水そのものを好んで飲んでくれません。そんな時は麦茶などのお茶や、果汁、野菜ジュースなどでも良いでしょう。果汁や野菜ジュースには食物繊維も入っていますし、さらにオレンジジュースなどは腸内環境を良好にしてくれる果糖が豊富なので、便秘にはより効果的なのです。

また、食事にもスープや味噌汁などの汁物をプラスすることで、水分は補えます。お母さんの気遣いと工夫で、こどもの水分不足を解消しましょう。子どもは自分が便秘だとはわからないものです。ひどくなってお腹が痛くなるまで放っておくことになりがちです。うんちは出ていても、おしっこの回数が少なくなったり、コロコロの硬いうんちであれば、水分不足による便秘が考えられます。

特に運動の前後や、暑い夏などは、まめに水分を摂れるように持ち歩いたり、野菜中心の栄養バランスの取れた食事を心掛けるなど、十分な水分を与えましょう。出来れば子どもには、便秘で苦しくて痛い思いをさせたくはないですね。