我慢が子供便秘の原因です

学校では恥ずかしくてトイレに行けない・・我慢が便秘の要因です

子どもの便秘には、うんちを我慢してしまうことが原因となっていることがよくあります。うんちが硬くて、排便時に痛いために我慢してしまうというケースもありますが、もうひとつよくあるケースとしては、トイレに行くのが恥ずかしいという理由で我慢してしまう場合です。

集団生活をしている子どもたちにとって、昼間は学校で過ごす時間が長いですから、当然便意を催すこともあるでしょう。しかし、冷やかされるかもしれないと思ったり、まして授業中に行きたくなっても、恥ずかしくてなかなか言い出せないものです。

しかし、このように便意をいつも我慢してしまうと、そのうち便意自体を感じなくなってしまい、慢性の便秘になってしまいます。人間は、食べ物が体内に入ると、胃が刺激され、腸の蠕動運動が促されます。すると、排便しなさいという命令が、大脳に伝わって、便意を感じるのです。こうした胃・結腸反射によって排便をするしくみが成り立っています。

ですが、この命令を無視し続けて、便意を我慢していると、そのうち命令が送られなくなってしまい、便意を感じなくなってしまうのです。これではさらに便秘がひどくなってしまいますね。しかも、便意を我慢していると、腸の中に便が長時間留まり、便がさらに硬くなるばかりか、悪玉菌が増加し、有毒ガスを発生させていまいます。

この有毒ガスは、腸壁から血液を通して全身を巡るため、健康を妨げる結果になってしまうのです。成長過程の子どもにとっては、大人以上に避けたい状態ですね。こうした状態にならないためには、家に居る時間にキチンとうんちが出来る排便リズムを作ってあげることが大切です。

それには、規則正しい生活と、バランスの取れた食生活が基本です。毎朝時間に余裕を持って起き、キチンと朝食を食べて、排便を促しましょう。こうした排便のリズムを作ることで、毎日元気に学校生活を送れるでしょう。