マッサージで赤ちゃんの便秘解消

マッサージは便秘以外にも赤ちゃんは大きな効果があります

赤ちゃんの便秘解消には、母乳やミルクの量を見直したり、離乳食食物繊維を取り入れたり、何より水分を十分に与えることが最良の方法ですが、他にも効果的な方法があります。便秘の要因には、食事だけでなく、運動不足やストレスも挙げられます。そして、それらを一気に補ってくれる方法がマッサージなのです。

お母さんが優しくマッサージしてあげることで、赤ちゃんは安心します。お互いに触れ合うことで、リラックスし、お母さんと赤ちゃんの両方に良い影響を与えるのです。愛情あるスキンシップは、何より心地よい刺激となり、自律神経を整えて、便秘にも大変効果的でしょう。

具体的な方法としては、おへそを中心に時計回りでのの字を描くように撫でます。この時計回りにも意味があり、うんちが移動していく方向なのです。同じくうんちが移動していく方向を考えると、横腹や背中を上から下にさすってあげるのも効果的です。また、おしり回り、特に肛門の上あたりをマッサージするのも、便意を促しやすいのでおすすめです。

また、両足を持って左右交互に動かしたり、足の付け根から下に向かって撫で下ろすようにマッサージするのも良いでしょう。便秘には、こうして下半身を中心にマッサージすることが効果的なのです。しかし、こうしたマッサージをすることは、便秘だけでなく、赤ちゃんの発育にも大きな力を発揮します。動けない赤ちゃんにとっては、運動不足の解消になるばかりか、ストレスの解消にもなるからです。

しかも、お母さんに優しく撫でてもらうことで、愛情を感じ、心身ともに満たされます。そして、赤ちゃんが喜ぶことで、お母さんにもストレスや育児疲れの軽減にもなるでしょう。お風呂上りなどの血行の良い時を利用して、親子共々、リラックスしながらマッサージタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。