生活リズムを整えてで赤ちゃん便秘改善

赤ちゃんの便秘も生活習慣のが一番の原因!生活リズムが大事です

便秘というのは生活習慣病ですが、それは赤ちゃんにとっても同じであり、赤ちゃんの便秘の要因も生活習慣によります。生活習慣というのは、具体的には、食事・運動・睡眠・ストレスなどです。では、赤ちゃんの便秘の要因となる生活習慣とは、どんなものでしょうか。

まず、一番大きな影響があるのが母乳・ミルク離乳食です。母乳の場合での一番の原因は、摂取量の不足です。どれだけ飲んだかわからない母乳は、足りていないことが多いものなのです。また、母乳は消化吸収が良いため、便の量が少なくなり、便秘になることもあります。反対に、飲み過ぎが原因ともなるのがミルクです。また、メーカーによっては便が硬くなることもあるので、変えてみるのも良いですね。水分不足も考えられるので、少し薄めに与えたり、白湯などを飲ませてみるのも方法です。

離乳食を食べる時期になると、食事量に加え、栄養バランスが問題になってきます。食物繊維乳酸菌を豊富に摂れるような食材を選んで、与えてあげましょう。ヨーグルトやイモ類、豆類、バナナなどは、離乳食に使いやすいでしょう。この時期は水分不足になることも多いので、野菜スープや果汁、砂糖水なども、食事の妨げにならないよう与えると良いでしょう。

また、食事の内容だけでなく、規則正しい時間に与えることも大切です。規則正しい生活は、生活リズムを整え、それによって自律神経をも整えてくれます。さらに食事に加えて、睡眠時間も規則正しくしましょう。早寝早起きの十分な睡眠時間を作ってあげることで、便秘の解消はもちろん、健やかな成長を促すのです。

そして、食事と睡眠の次に便秘の要因となるのが運動不足です。赤ちゃんは自分ではなかなか動けないですから、お母さんが足を動かしてあげたり、動かすと音の出る玩具を与えるなどして、運動出来る工夫をしましょう。ベビーカーでの散歩だけでも運動不足は解消されます。昼間に運動させることで、夜に良く眠れるという生活リズムもつくでしょう。

もう一つ、便秘の要因となる生活習慣として、ストレスも考えられます。便秘によって、便が固くて出にくいと、痛くて我慢してしまい、それがストレスとなる悪循環もあります。また、旅行などに行って便が出なくなるなど、赤ちゃんは生活習慣の変化を敏感に感じ取って、便秘になるものです。

便秘の基準は赤ちゃんによって様々で、2~3日出ないからと言って便秘とは限りません。体重増加や機嫌の良さ、うんちをする時のいきみ具合によって判断しましょう。もし便秘気味であれば、バランスの良い食事・十分な睡眠・適度な運動運動を心掛け、生活リズムを整えることによって、便秘の予防・解消をしてあげてください。