硬いうんちと子供便秘

うんちが硬いと痛くて我慢・・それがさらに便秘を悪化させるのです

子どもというのは、自分が便秘であるということを、なかなか気付きにくいものです。どんな状態を便秘というのか分らないので、もっともなことです。ですから、便秘がかなり悪化して、お腹が張って苦しかったり、お腹が痛くなって初めて、周りに訴えてわかることが多いのです。

しかし、このように便秘が進んだ状態になると、便が固くなり、出すのが苦しかったり、お尻が切れて痛かったり、出血したりと、排便自体が困難になります。すると、排便時の痛みを恐れて、子どもはうんちをするのを我慢してしまうのです。

こうした我慢を続けると、そのうち便意を感じることも無くなってしまい、さらに便秘の要因となります。食べ物が胃に入ると、胃が刺激され、腸へ信号が送られます。すると、腸は蠕動運動を開始し、大脳に排便しろと命令がなされるのです。これを胃・結腸反射といいますが、便意を我慢し続けると、そのうちこの命令が送られなくなってしまうのです。

また、痛みの為に排便を我慢していると、腸に便が長時間溜まることで、便の水分はどんどん無くなり、さらに硬くなってしまいます。するとさらに排便が痛く困難になるという、悪循環になってしまうでしょう。

こうした悪循環にならないためには、まず子どもの便秘に早く気付いて解消してあげることが大切です。うんちの回数や状態をよく把握し、便秘になっていないかをまめに確認しましょう。そして、普段からバランスの取れた食事と規則正しい生活心掛け、便秘にならないようにすることも大事です。

特に、朝に朝食と水分をしっかり摂り、排便の時間を作るなど、排便リズムを整えてあげることで、便秘を避け、便が硬くなってしまわないように気を付けてあげてください。そして、便秘になってしまったら、食物繊維乳酸菌普段以上に与えて解消してください。それでも長く続くようであれば、便がさらに硬くなってしまわないうちに排便出来るよう、サプリメントを利用するのも良いでしょう。