母乳やミルクでの便秘になる理由

母乳やミルクだけでも赤ちゃんが便秘になるのはなぜ?

離乳食を始める前の、母乳やミルクだけの時期にも、赤ちゃんが便秘になることがあります。水分だけで栄養を摂っているのになぜだろうと思われるかもしれませんが、実は便秘の赤ちゃんは意外に多いものなのです。その一番の原因として考えられるのが、母乳不足です。母乳はどれだけ飲んだかわかりませんね。もし母乳の出が悪くて、足りていないようであれば、当然うんちも少なく、便秘になります。

母乳が足りているかどうかの目安として、まず体重が順調に増加しているかを見るのが一番でしょう。赤ちゃんによって違いはありますが、あまりにも体重の増加が滞っているようなら、母乳不足が原因の場合も考えられます。また、お腹が空いていれば機嫌も悪くなるもの。大人と同じです。他に何も原因が無いのに、ぐずったりする場合は、もしかしたら母乳不足かもしれません。また、授乳時間が30分以上も続くようであれば、母乳が十分に出ていない可能性があります。無理せずミルクを足すことで、便秘が治る場合もあります。

母乳にはビフィズス菌がいっぱい詰まっているので、便がやわらかく、本来であれば便秘になりにくいはずですが、母乳は消化吸収が大変良いため、栄養吸収後のカスが、ミルクの三分の一程度しか出ません。そのため便の量が少なく、便秘になりやすいのです。また、お母さんが食物繊維や乳酸菌など、便秘に良いものを食べたからといって、赤ちゃんの便秘が解消されるわけではありませんが、栄養バランスの良い食事をして、お母さんの栄養状態が良ければ、母乳も質の良いものになり、赤ちゃんへの影響もあるでしょう。

では、ミルクの場合はどうでしょう。よく、ミルクだとうんちが硬くなって便秘になると思われがちですが、決してそうとは限りません。どちらかというと、母乳よりも飲む量が多いことで、便秘になる場合があるのでしょう。ミルクを過剰に飲むと、カルシウム分の影響で便が硬くなる場合もあります。また、メーカーによっても成分は少しずつ違うため、赤ちゃんにも合う合わないがあるかもしれません。

もしミルクの赤ちゃんが便秘の場合は、メーカーを変えてみるのも良いでしょう。また、ミルクを飲ませすぎないように気を付けてください。ひどい便秘であれば、少し薄めに作って飲ませるのも便秘には効果的かもしれません。

母乳の場合でも、ミルクの場合でも、赤ちゃんが便秘になることは難しくありませんが、赤ちゃんによって排便リズムもそれぞれ違うものです。何日も出ないからといって心配することはありません。体重も順調に増え、機嫌も良いのであれば、様子を見ていても大丈夫でしょう。お腹が張って苦しそうだったり、いきんでも出ないようであれば、ミルクで調節するなどの対処をしてみましょう。