赤ちゃんや子どもの便秘

記事一覧

糖分が効き目抜群!果汁で赤ちゃんの便秘解消を

母乳やミルクのみで育ってきた赤ちゃんが、離乳食を食べ始めると、水分不足や腸内環境の変化から、便秘になることはよくあります。生まれて初めて食べ物を口にするようになるのですから、身体に大きな変化を与えるのは当たり前だといえるでしょう。

母乳やミルクだけの時には、白湯や麦茶、砂糖水などを与えて水分補給をしますが、離乳食の味に慣れてくると、白湯などはなかなか飲みにくいものです。そこで水分補給とともに、さらに便秘に効果のある果汁の出番になります。

それまでも砂糖水を与えると便秘に効果的だったと思いますが、それは糖分の働きによります。糖分はビフィズス菌の大好物なので、腸内のビフィズス菌を増やしてくれるのです。果汁の果糖がこの糖分であり、もともと赤ちゃんがたくさん持っていたビフィズス菌をさらに増やし、離乳食で作られた悪玉菌を抑制してくれるのです。

また、この果糖にはうんちをやわらかくする働きもあります。そして、水分を引っ張る力である浸透圧が高いことでも大きな効果があります。浸透圧が高い果汁は、他の食物よりも早く胃腸を通過して、腸壁の水分を腸内に引っ張ります。すると、この水分の移動によって腸が刺激され、便意を促すのです。

さらに、果物には水溶性食物繊維が豊富です。水溶性の特徴から、果汁にしてもその効果は残ります。ですからうんちの量を増やし、うんちをやわらかくして、便秘を解消してくれるのです。

こうしたいくつもの効果から、果汁の便秘に対する効果はかなり高く、早く腸に達することから、効き目も早く現れるのが嬉しいですね。赤ちゃんの便秘はつらそうですから、早く解消してあげられるのは大きなメリットです。

具体的に効果の高い果物は、果糖の豊富なみかんやオレンジなどの柑橘系を始め、浸透圧の高いブドウ・プルーン・パイナップル・りんごなど、そして食物繊維の豊富な柿・みかん・キウイなどが挙げられます。赤ちゃんの体質や好みによって効果の違いもありますから、色々試してみると良いでしょう。

しかし、果汁は甘くて美味しいため、赤ちゃんが飲み過ぎる場合もあります。特に離乳食を始めたばかりの頃であれば、白湯で2~3倍に薄めて与えましょう。飲み過ぎると離乳食に影響があるばかりか、逆に下痢になってしまうので、注意が必要です。

綿棒は、苦しそうな赤ちゃんのうんちを出す即効性抜群のアイテムです

産まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクだけで育ちますが、この時期の赤ちゃんでも便秘になります。原因として一番多いのは母乳不足である場合ですが、母乳は消化吸収が良いため、便の量が少ない事も要因となります。また、ミルクの場合は、逆に飲み過ぎでうんちが硬くなり、便秘になることもあります。ですから、母乳不足を補ったり、水分を多めに与えたりすることで、便秘が解消される場合は多いのです。

それでも出ない時は、お腹をマッサージしたり、足を左右交互に動かしてあげる方法があります。赤ちゃんによっては、2~3日出なくても便秘であるとは限りませんが、もしこうした方法を試しても、お腹が張っているようであったり、うんちをする時に苦しそうにいきんだり、機嫌が悪いようであれば、早急にうんちを出してあげたいものですね。

そんな時におすすめなのが、綿棒による刺激です。具体的な方法としては、大人用の綿棒の綿球部分をほぐして柔らかくし、ベビーオイルかベビーローションをたっぷりつけます。そしてちょうど綿球が中に入るくらいにお尻に入れ、優しくクルクル回してください。お尻に異物を入れるのには抵抗があると思いますが、大丈夫なので安心してください。

すぐに便が出る赤ちゃんも居るので、お尻の下に紙おむつを敷いておいた方が良いでしょう。もちろん赤ちゃんによっては数時間経ってからしか出ない場合もあるので、無理に続けず、1分以内で止めましょう。また、綿棒に血が付いたら、すぐに止めてください。この出血は、様子を見てすぐに止まれば問題はありません。

この綿棒での刺激は、母乳やミルクを飲んだ後、10分~15分後が最も効果的です。腸の働きが活発になっている時なので、より高い効果が得られるのです。また、固いうんちが入り口で塞いでしまっている場合は、少し掻き出してあげるとスンナリ出るでしょう。

こうして人為的にうんちを出すのは、癖になるのでは・・と心配されるお母さんが大勢いらっしゃると思います。しかし、この時期こうしてお尻を刺激することは、反射を促しているだけであり、かえって排便のリズムを付けるのに効果的です。赤ちゃんが苦しそうな時には、優しくくすぐるような感覚で、即効性のあるこの方法を試してみてください。

出すのが苦痛な頑固な便秘には、子どもでも便秘薬で対処をしましょう

子どもの便秘は、まず食事の改善で治すのが一番です。食物繊維と乳酸菌の豊富な、野菜中心の食事で予防・解消しましょう。しかし、長く続くようであれば、ひどくなる前に、食物繊維・乳酸菌オリゴ糖などのサプリメントをプラスして、より排便がスムーズにするのも効果的です。しかし、それでも解消されない頑固な便秘には、やはり便秘薬の力を借りましょう。

子どもはお腹が苦しくなったり、痛くなったりして初めて、便秘ということがわかります。ひどくなった状態だと、便が硬くなってしまっていて、食事やサプリだけではすぐに解消されず、悪化するばかりです。そんな時は、排便自体が困難で、それがさらに恐怖になってしまわぬよう、便秘薬を使用するのが良いでしょう。もちろん子どもには下剤である刺激性の便秘薬はあまり使いたくないものですね。出来れば整腸剤などを使用してください。

具体的に子供によく使用される市販薬としては、マルツエキスが有名です。これは薬というより麦芽糖であり、3歳未満の子どもにも使用出来ます。ビフィズス菌を増やすもので、効き目が優しい分、即効性はあまりないでしょう。整腸剤としては、やはりビフィズス菌を増やすビオフェルミンや、腸内に水分を蓄えて便を柔らかくするミルマグなどがあります。これらは3歳以上であれば使用できます。そして小さいお子様によく使用されるのがいちじく浣腸です。グリセリンという成分によって、腸壁から水分を出して蠕動運動を促し、便を柔らかくします。即効性があるのが特徴です。

また、病院で処方されるものとしては、うんちを柔らかくする酸化マグネシウムや、うんちを押し出すセンノシド、刺激性でも優しい効き目のラキソベロンなどがあります。酸化マグネシウムは市販薬のコーラックやスルーラックにも使用されているもので、ラキソベロンは液状タイプもあるため、子どもには飲みやすいのが特徴です。病院でも、これらの飲み薬が聞かない場合は浣腸が処方されます。

このように、子どもの便秘薬にも色々あります。便秘がひどくなって、排便自体が苦痛になってしまったら、無理させずに使用しましょう。しかし、あくまでも習慣的に使用するものではありません。普段から、栄養バランスの取れた食事と、運動を心掛け、まずはひどい便秘にならないようにすることが大切です。

赤ちゃんも運動不足で便秘になる?いっぱい遊んで解消を

赤ちゃんの便秘も、大人と同様、原因は食事不足・運動不足・ストレスの3つです。母乳やミルク、また離乳食のバランスが悪かったり、量が不足していると便秘になるのはもちろんですが、あまり自分では動くことの出来ない赤ちゃんでは、運動不足による便秘も多いのです。赤ちゃんには腹筋がありませんから、運動によって身体を活発に動かすことが大切なのです。

便秘と言っても、赤ちゃんの排便リズムによって様々で、2、3日出なくても、それが便秘とは限りません。毎日出ていたのに急に出なくなったり、お腹が張っている様子であったり、機嫌が悪かったり、苦しそうにいきんでうんちをしているなどの場合は便秘だと考えられます。まずは体重の増加などで、母乳やミルクが足りているか、離乳食の量やバランスは良いかなどを考えてみましょう。

そして、同時に運動不足を補ってあげることが大切なのです。まだ動くことの出来ない赤ちゃんであれば、お母さんが足を左右交互に上下させて、優しく遊びながら運動させてあげてください。また、手で持ったり、足で蹴ったりすることで、揺れたり音の出たりするおもちゃを与えてみましょう。出来れば動きやすい服を着せてあげるのが良いですね。また、寝返りやハイハイが出来るようになったら、ちょっと離れた場所におもちゃなどを置いて、取らせてみるのも良い運動になるでしょう。

そして、ベビーカーでの散歩も赤ちゃんにとっては良い運動になります。日光浴だけでも効果的ですし、お座りが出来るようになれば、外遊びも出来るでしょう。こうして外に出ることは、運動不足だけでなく、ストレスの解消にもなり、より効果的に便秘の予防・解消が出来るのです。

便秘予防はもちろん、赤ちゃんの成長と健康のためにも、遊びながら積極的に運動不足を解消してあげてください。

子どもにとってもストレス社会!?ストレスを取り除いて便秘の解消を

ストレスが原因で便秘になることはよくあります。そして、それは子どもの便秘にも多くみられます。子どもがストレスをためるというのは、ちょっとピンとこないかもしれませんが、子どもも大人同様、ストレスを感じることはたくさんあります。

家族関係において、叱られたり甘えられなかったりした場合や、学校での友達関係において、喧嘩したり仲間はずれになったりした場合、また、進学・進級・転校・引っ越し・旅行などの環境の変化があった場合など、ささいなことでも子どもは深刻に捉えます。こうしたストレスが便秘を始め、体調不良を引き起こしてしまうのです。

ストレスがあると、交感神経が優位に立ち、自律神経が乱れます。すると、消化酵素の分泌にも悪影響を及ぼし、消化器官の働きが低下してしまうのです。当然腸の働きも低下し、便秘になります。腸の働きは、こうして自律神経によってコントロールされているというわけです。

こうした状況を避けるには、ストレスを取り除いて、リラックスすることが大切です。ストレスがある時とは逆に、リラックス時には副交感神経が優位に立ちます。副交感神経は、血管を広げ、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。ストレスによって、消化を妨げ、悪玉菌が増加していた腸内環境を改善してくれるのです。

また、便秘によって便が固くなり、排出する際に痛かったり、腸内に長時間便が留まることで、お腹が張って苦しかったりすると、子どもにとっては、それらが排便への恐怖になったり、ストレスになったりしてしまいます。こうなると悪循環に陥ってしまいますね。

こうしたストレスによる緊張状態が続き、便秘が続くと、慢性の便秘になってしまうので、早めに予防・改善をしてあげることが大切です。ストレスは、聞いてもらうだけでもかなり楽になります。普段からよく子どもの話に耳を傾け、話をすることが一番でしょう。そして、出来るだけストレスの元を改善してあげましょう。

また、簡単に改善できない時は、なるべくリラックスしたり、気分転換が出来る時間を増やすなど、ストレスの軽減を図って、こどもの便秘をストレスから守りましょう。

水分不足になりがちな子どもには、大人より十分な水分補給を

最近は大人ばかりでなく、こどもの便秘も増えています。食生活の偏りにも問題はありますが、やはり大きな要因は水分不足だといえるでしょう。特に子供は野菜嫌いな場合が多く、どうしても大人より水分不足になりがちなのです。しかも、新陳代謝が活発な子供にとっては、大人以上の水分が必要となります。子どもが便秘になるのももっともですね。

水分は腸の蠕動運動を活発にし、便を柔らかくして排出し易くしてくれます。特に、胃が空っぽのときに冷たい水を飲むと、胃が刺激され、さらに腸の蠕動運動を活発にしてくれるので、朝の水分はより大切だといえるでしょう。夜寝ている間に消耗した水分をたっぷり摂り、キチンと朝食を食べることで、毎朝の排便リズムを作りましょう。

学校などでの集団生活では、なかなか自由に水分を摂れません。ですから、朝や帰宅後には十分な水分を与えるよう、気を付けてあげてください。とはいえ、子供はなかなか水そのものを好んで飲んでくれません。そんな時は麦茶などのお茶や、果汁、野菜ジュースなどでも良いでしょう。果汁や野菜ジュースには食物繊維も入っていますし、さらにオレンジジュースなどは腸内環境を良好にしてくれる果糖が豊富なので、便秘にはより効果的なのです。

また、食事にもスープや味噌汁などの汁物をプラスすることで、水分は補えます。お母さんの気遣いと工夫で、こどもの水分不足を解消しましょう。子どもは自分が便秘だとはわからないものです。ひどくなってお腹が痛くなるまで放っておくことになりがちです。うんちは出ていても、おしっこの回数が少なくなったり、コロコロの硬いうんちであれば、水分不足による便秘が考えられます。

特に運動の前後や、暑い夏などは、まめに水分を摂れるように持ち歩いたり、野菜中心の栄養バランスの取れた食事を心掛けるなど、十分な水分を与えましょう。出来れば子どもには、便秘で苦しくて痛い思いをさせたくはないですね。

子どもの便秘には腸内改善が大切!善玉菌を増やして健康な腸に!

近年の欧米化による食生活の影響で、肉や脂が中心の食事が増え、また、ファーストフードやインスタント食品などのジャンクフードも普及しました。それに伴って、生活習慣病である便秘に悩まされる人も急増しています。それは子どもにおいてももちろん同様です。子どもはなかなか自分が便秘だとは気付きにくく、お腹が張ったり、痛くなってから訴えて発覚する場合も多いので、便の回数や状態などを、キチンとチェックしてあげると良いでしょう。

そして、子どもの便秘を予防するには、何と言っても食生活が大切です。便秘は腸内環境の悪化によって引き起こされるので、腸内環境を整えてあげることが第一なのです。それには、便の量を増し、便を柔らかくしてくれる食物繊維や、腸内環境を整える乳酸菌、そしてその乳酸菌を増やしてくれるオリゴ糖などを、十分に食事に取り入れることが必要です。

特に腸内改善はとても大切です。腸の中には乳酸菌・ビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌・ウェルシュ菌などの悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌があり、その腸内細菌の数は、100種類・100兆個ともいわれています。これらの腸内細菌は、食べたものをエネルギーに変え、毒素や有害物質を代謝・排出します。人間にとって、とても重要な働きをしているのです。

健康な腸内では、乳酸菌などの善玉菌が、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを良好に保っています。すると、消化吸収が促進され、代謝・排出のリズムも整うのです。しかし、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になると、有腸の活動が低下し、便秘になるのです。すると長時間滞在している便から有毒ガスが発生し、お腹が張って苦しくなるので、この時点で子どもは便秘を訴えるのです。しかし、この時点では便秘も進んでいる状態だとといえるでしょう。さらにこの有毒ガスは、腸壁から血液を通じて全身を巡るため、子どもの健康にも悪影響が大きいのです。

こうした腸内環境の改善をするためには、食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖を十分に摂ったうえで、栄養バランスの取れた食事を心掛けることが大切なのです。野菜嫌いのお子様には、便通の良いイモ類をアレンジしたり、野菜の代わりに果物を与えるのも良いでしょう。そして乳酸飲料だけでなく、漬物やみそ、醤油などからも乳酸菌を摂り、料理やデザートには砂糖の代わりにオリゴ糖を利用するなど、工夫しながら子どもの腸内改善をしてあげてください。

便秘にならない離乳食で、美味しく楽しく食べる事を教えましょう

赤ちゃんは生まれてから、母乳やミルクで育ちます。そして、生後5~6か月ころから、離乳食という形で、食べ物から栄養を摂ることを練習する期間に入ります。この離乳食の期間は約1歳ころまで続き、やっと大人と同じような食べ物が食べられるようになるのです。この離乳食が始まる時期には、便秘になる赤ちゃんも多いものです。実は赤ちゃんも便秘になるのですね。

今まで母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんが、食べ物を口にするのですから、その身体への影響も大きいのが当たり前でしょう。生まれたばかりの赤ちゃんのお腹の中には、ビフィズス菌がほとんどで、これは母乳やミルクの時期もあまり変化はありません。ところが、離乳食を食べるようになると、色々な腸内細菌が増えます。この腸内環境の大きな変化によって、便秘が引き起こされるのです。

ですから、乳酸菌が豊富なヨーグルトなど、また善玉菌を増やすオリゴ糖などを離乳食に取り入れるのが良いでしょう。発酵食品である、みそやしょうゆで薄く味付けするのも良いですね。

また、この時期の赤ちゃんが便秘になる大きな理由に水分不足があります。母乳やミルクで水分を十分に補ってきた赤ちゃんですが、離乳食を食べることで、母乳やミルクの量が減ります。すると水分不足で便が硬くなってしまうのです。母乳とミルクの時は、黄色くてやわらかいうんちをしていた赤ちゃんですが、離乳食を食べるようになると、茶色くて硬いうんちに変わっていきます。一日に何回もしていた排便の回数も減り、一日一回程度になります。

水分不足によって、さらにうんちが硬く、出にくくなってしまう赤ちゃんはとても多いものです。うんちを出す時に痛そうにしていたら、離乳食に支障が無い程度に、野菜スープや果汁を飲ませてあげましょう。

また、消化の良いものばかりを与えてしまうと、どうしても便になるもとが無く、便の量が少なくなってしまうため、便秘にもなりがちです。出来るだけ、うんちの元となる食物繊維を豊富に食べさせてあげてください。食物繊維の豊富な食材の中でも、イモ類・豆類・バナナなどは離乳食に利用しやすいですから、たっぷり取り入れてみましょう。

大人と一緒で、食物繊維で便を柔らかく、便量を増やし、乳酸菌で腸内環境をバランスよく保つことで、赤ちゃんの便秘も解消されます。美味しく、楽しく食べることが出来るよう、離乳食を進めていってください。

偏食は無理せず改善!?まずは食事を楽しくしましょう

子どもの便秘の要因として最も大きいのが食生活です。これは大人と同じで、食物繊維乳酸菌を十分に摂り、栄養バランスの良い食事によって便秘は予防・解消することが出来るのです。便秘は生活習慣病ですから、食生活の影響が大きいのです。

しかし、子どもは野菜嫌いの場合が多く、偏食になりがちです。それに加え、子どもたちは、インスタント食品やファーストフード、甘いお菓子といったものが大好きです。今はそうしたものが溢れていて、避けることはなかなか難しいものです。忙しいお母さんがつい与えてしまうのも無理はありません。

こうした野菜不足で、肉と脂中心の食事が続けば、カロリーばかりで食物繊維が不足し、便秘になるのは当たり前です。便秘ばかりか、身体のあちこちに悪影響が出ます。子どもに生活習慣病が増加しているのも、こういった偏食によるところが大きいでしょう。

こうした偏食による便秘を避けるには、まず出来るだけ加工食品から手作りの食事に変えることです。全てを頑張って作らなくても、加工食品の割合を減らすことから始めましょう。また、子どもの野菜嫌いもあまり神経質にならないようにしてください。嫌いな物を、無理に食べるのは大変なストレスになりますし、何より食事が楽しくなくなってしまいます。

嫌いな野菜を無理に食べさせるよりは、代わりに果物を与えたり、ヨーグルトやオリゴ糖などを利用するのはいかがでしょう。果物には野菜同様、食物繊維が豊富ですし、ヨーグルトやオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。野菜以外にも便秘に良い食品はたくさんあるということですね。

また、野菜でも、子どもの好きなイモ類や豆類を多く取り入れたり、ケーキやクッキーに入れたりと、おやつにしてしまうのも良い方法です。調理法を工夫することによって、見た目や食べやすさは各段に違います。嫌いな野菜も知らずに食べてしまうことはよくあるものです。

偏食を治そうと神経質になるよりは、まずは毎日の食事を美味しく楽しく食べられるようにすることが、偏食による便秘の予防・解消には何より大切なのです。

小食も個性のうち?無理に食べさせるより、量より質を大事にして!

子どもは好き嫌いが多いため、どうしても偏食になりがちですね。すると、嫌いな物を残したり食べなかったりと、小食になる場合が多いのです。食べるものが少なければ、当然便の量も少なくなり、便秘の要因になります。

しかし、一概に小食といっても、子どもによって食べる量というのはかなり差があるものです。しかも、現代は飽食の時代であり、食べ過ぎの方が問題になっています。小食だからと、あまり心配し過ぎず、量よりは質の改善を図りましょう。

もし、一度にあまりたくさん食べられない子どもであれば、間食で補うのもひとつの方法です。お菓子やジュースを避け、野菜や果物を工夫して与えましょう。さつまいもやバナナなどはその代表ですね。子どもの大好きなおやつに変身します。また、乳酸菌を増やすヨーグルトなども活用すると良いでしょう。

もちろん、出来れば3度の食事でバランス良く栄養を摂ることが一番です。加工食品より、手作りのおかずを、そして高カロリーな食事より、食物繊維の豊富な食事を心掛けることが、便秘だけでなく、子どもの健康と成長に何より大切なのです。

無理に量を食べさせたり、嫌いな物を食べさせるのはかえって良くありません。食べることがストレスになってしまうのはかわいそうですね。無理して食べさせるよりも、嫌いな物を調理法によって食べやすくしてあげるとか、他の材料で栄養を補ってあげることで、まずは食事を楽しいものにしましょう。

なるべく肉や脂中心ではなく、野菜中心の食事が理想ですが、子どもにはあまり好まれないのが実際のところです。便秘解消が目的であれば、まずは食物繊維が豊富な豆類・いも類・海藻類・キノコ類などをたくさん取り入れて、便量を増やし、腸の働きを活発にすることから始めましょう。

便秘が解消されれば、お腹がスッキリし、小食が治る子どもも多いものです。小食もその子の個性だと割り切って、無理させず、栄養バランスの良い食事によって便秘の予防・解消をしてください。

1 2 3 >