水で便秘解消

朝の冷たい水で便秘知らず!?水が便秘を解消するしくみとは

朝の冷たい水が便秘に良いというのは、便秘に悩む方なら聞いたことがあるかもしれませんね。では、本当のところはどうなのでしょうか。答えはイエスです。朝起きてご飯を食べる前に冷たい水を飲むのが理想的です。朝起きてすぐに冷たい水を飲むなんて・・と、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、実際にストレスなどが原因の痙攣性便秘の方や、冷え性の方には刺激が強すぎるかもしれません。そういった場合には、白湯やホットミルクなどでも効果はあります。

なぜ起き抜けの冷たい水が良いのかというと、腸に刺激を与え、胃腸反射を起こして、蠕動運動を促進してくれるからです。胃腸反射というのは、胃や腸が水や食物などの刺激を受け、脳に信号を送ると、脳から大腸に便意を起こすよう命令をするという反射です。これは胃が空っぽの状態の時に最も起こりやすいため、朝何も食べないうちが効果的なのです。これは、運動不足や筋力低下による弛緩性便秘に最適です。弛緩性の便秘は蠕動運動の低下によって起こりますから、蠕動運動を促進するこの方法の効果が十分にあらわれるのです。

また、水分は便を柔らかくするため、便が腸内に留まる時間も短くなります。つまり、こうした水の刺激プラス冷たい刺激の両方において、効果を発揮するのです。もちろん水を摂るだけではダメです。朝ごはんをキチンと食べるのはもちろん、規則正しい食事を摂ることは大前提です。いくら蠕動運動を活発にしても、便量がなければ意味が無いからです。そして、朝に限らず、水分は十分に摂りましょう。また、水でなく牛乳でも効果的です。

人間は寝ている間に水分を大量に失くします。ですからこうして朝に水を飲むのは便秘ばかりか、健康にも良いのです。水分をたっぷり摂ることは、肌を始め皮膚や粘膜、つまり身体の外側も内側も張りを保ってくれます。さらに、寝ている間に優位に立っている副交感神経から、起きると優位になる交感神経への切り替えのスイッチの役目も果たしてくれるため、身体も活発に動けるようになるでしょう。

このように便秘に有効な朝の冷たい水ですが、出来れば蠕動運動促進の効果があるカルシウムや便の水分含有量を増加するマグネシウムを含むものがおすすめです。こうした成分の濃度が高い硬水のミネラルウォーターだとさらに効果的だといえるでしょう。しかし、何事もやり過ぎは禁物です。効くからといって、飲み過ぎは良くありません。下痢や、血中ナトリウムが薄くなってしまう水中毒を起こさぬよう、適度に朝の冷たい水を続け、便秘を解消し、気持ちの良い朝を迎えましょう。