便秘になる理由

どうして便秘になるのだろう?普通に生活してるのに!?

便秘というのは、お腹が張ったり、便を出してもスッキリしなかったりと、本人が不快感を持った状態ですが、ではなぜこうした状況が生まれるのでしょうか?その理由は大きく分けると生活習慣とストレス、そして女性においては生理周期に関係しています。

まず生活習慣ですが、これは主に食事が関係しています。欧米化の食生活によって、明らかに食物繊維が不足した結果、便秘に悩む人も急増しました。腸内に便が溜まると、腸内に悪玉菌が増加し、有害物質を発生させます。それが血中へと運ばれ、全身を巡ります。便秘になると、肌荒れや黒ずみを招くのもこのためです。便秘になりやすい女性にとっては大敵ですね。食物繊維の不足は、善玉菌の不足を招くことから、この憎っくき悪玉菌を増殖させてしまうのです。

また、生活習慣として、運動不足が挙げられます。適度な運動は、身体を健康に保ち、肥満を解消、第一に筋力をつけてくれます。筋力の中でも、特に腹筋は便秘解消にとても重要で、この筋力不足こそが便秘の要因の一つともいえるでしょう。脂肪を燃焼するような有酸素運動と共に、腹筋運動をすることで便秘も解消されるのです。

そして、ストレスもまた便秘の原因として大きな要素となっています。胃腸は精神的な影響を受けやすく、さらに自律神経にも影響を与えます。機能性の便秘は自律神経の乱れが関係していますから、ストレスと便秘は深く関わっているのです。仕事や家庭で人間関係などのストレスを溜めこんだ結果、便秘を招いているケースは多いものです。自分なりの気分転換を見つけ、心身ともに健康を保つことで、便秘の不快感も減るでしょう。

そして、便秘が女性に多いのは、月経との関係が大きいからです。排卵から月経前までに分泌される黄体ホルモンは、腸の蠕動運動を低下させるのです。また、このホルモンは、水分を体内に溜めこもうとするため、どうしても腸の水分不足を引き起こしてしまうのです。結果、便秘になってしまうのですね。

また、特に女性においては、外で便を出すのは恥ずかしいということから、トイレに行きたくても我慢しがちです。中には忙しい朝は出さず、外でも出来ないので、週末だけしか便を出さない女性もいるのです。これでは便秘になるのも無理はありません。水分と食物繊維をたっぷり摂って、朝にすんなりと出せるようにしたいものですね。