理想のうんちを作るには

理想のうんちはバナナうんち!スルッと出る黄色いうんちを作るには?

便秘といっても人によって定義は違いますが、まず硬いコロコロうんちなどはやはり便秘だといえますし、いきんでもなかなか出ないようなうんちもやはり便秘だといえますね。では、便秘とはいえない理想的なうんちとはどんなうんちなのでしょうか。

まず一言でいえば、バナナうんちです。硬さや太さがバナナと同じくらいのものが、理想なのです。一日にこのバナナうんちが1~2本出ればさらに理想です。もっと具体的にいうと、「水分が80%」、「臭いが少ない」、「水に浮く」、「黄色から褐色」「スルっと出る」といったものが挙げられます。

まず水分が80%というものですが、残り20%は食物のカスである食物繊維と、腸内細菌、腸粘膜の3つです。この割合から出来ているうんちが健康的なうんちです。そして、水に浮くというのは、適度なガスを含んでいるためであり、これも健康なうんちの証です。また、いきまずスルっと出るうんちはトイレットペーパーが汚れません。これも理想のうんちの条件です。

こういった理想のうんちは腸内環境が整っていて初めて作られます。善玉菌が優勢で、腸内発酵が正常だと、腸内は弱酸性に保たれます。すると、便の色は黄色から褐色になるのです。しかし、腸内で悪玉菌が優勢になると、便が腸内に長く留まり、便秘状態になります。すると便は腐敗しさらに悪玉菌が増殖し、有毒物質を発生させます。このような状態では腸内はアルカリ性となり、便の色は黒っぽくなり、さらに悪臭がするようになります。悪いうんちですね。

主に肉類中心の食事を続けると、このように悪いうんちになりがちですが、ちなみにうんちの色は脂肪を分解するのに役立つ胆汁の色なので、脂肪分が多い食事によって大量に分泌されるとアルカリ性となり、そのために便は黒っぽくなるのです。こうしたうんちは長い間腸内に留まることで水分も少なくなり、硬くなり、排便困難となっています。さらに発生した有毒物質は、血液を通して全身を巡り、肌荒れや頭痛などの様々な弊害も生んでしまうのです。

ですから、理想のうんちを作れるよう、腸内環境を改善し、腸内浄化を心掛けることが大切です。野菜中心の食生活に、乳酸菌やビフィズス菌などの発酵食品や、食物繊維をたっぷり摂って、腸内の善玉菌を増やしましょう。そして、水分も十分に摂ることも忘れてはなりません。