生理前の便秘を改善する

毎回憂鬱な生理前の便秘は、こうして改善しよう!

女性が生理前に便秘になるのはよくあることですね。それは何故かというと、女性ホルモンが関係しています。生理前や妊娠中に出る黄体ホルモンは、妊娠時に子宮の収縮を抑える働きがあり、その影響で、消化器官全般の抑制もしてしまうのです。すると腸の蠕動運動をよくせいしてしまい、便秘を引き起こすのです。

また、排卵時に備えて、水分を体内に溜めこもうとする働きから、腸内の水分を奪ってしまいます。すると、便の水分が奪われ硬くなってしまうため、排出しにくくなり、こうした面からも便秘となってしまうのです。

この黄体ホルモンは自律神経への影響が大きいため、便秘以外にも、頭痛・乳房の張り・イライラといった月経前症候群を引き起こします。代謝機能も乱れるため、糖の代謝機能も乱れ、糖の摂り過ぎからも便秘になりがちだといわれます。生理前に甘いものが食べたくなるのはこのためです。

こうした生理前の便秘を防ぐには、普段から栄養バランスの取れた食生活をすることが大切です。特に、腸の働きを活発にするには、食物繊維乳酸菌が欠かせません。生理前に限らず、普段から十分に食事に取り入れ、この時期の不快な便秘を予防しましょう。

そして、生理前には、水分が奪われてしまう分、普段よりたっぷり水分を摂ることが大切です。同時にカルシウムやマグネシウムも奪われがちなので、出来ればそういった成分を豊富に含んだ硬度の高いミネラルウォーターなどがおすすめです。もちろん水が飲みにくいのであれば、お茶や果汁といった、便秘に効果的なもので補給するのも良いでしょう。

毎月やってくるこの不快な時期には、ストレスもたまりやすいものです。そのストレスがさらに便秘の要因とならぬよう、少しでも快適に乗り切りましょう。そのためには、普段から健康的な生活習慣を心掛けることが大切なのです。