生理と便秘の関係

生理前になると便秘になるのは余計に憂鬱!なんで?

便秘は一般的に女性に多いといわれています。特に、普段はそんなことはないのに、生理前になると便秘になってしまうという女性は少なくありません。これは、女性ホルモンの影響によるものです。よく生理前になると、腹痛や頭痛、乳房の張り、また頭痛やイライラといった、様々な不快症状が現れたりすることはありませんか。こういった生理前の様々な症状は「月経前症候群」と呼ばれ、女性のほとんどが何かしらの症状を訴えるとされています。

なぜこうした症状が現れるのかというと、生理前に増える女性ホルモンである黄体ホルモンが関係しているのです。黄体ホルモンというのは、腸の蠕動運動を低下させてしまう働きがあるのです。また、この黄体ホルモンの活発な生理前は、妊娠時の状態と同様に、水分を体内に溜めこもうとするため、腸からも水分を奪ってしまいます。すると腸の水分不足によって便が固くなって、便秘になってしまうというわけです。

また、この時期には糖の代謝機能も乱れるため、つい甘いものを摂り過ぎたりと、食生活も乱れがちになります。それも便秘を引き起こす一要因となっている場合があります。ただでさえ月経前症候群によって、ストレスも溜まりがちなので、十分に気を付けたいものですね。肌荒れなどの二次災害まで引き起こしかねません。それでなくとも憂鬱な生理前の便秘は、出来れば回避したいものですね。

こうした生理前の便秘を防ぐには、まず第一に水分をたっぷり摂ることです。黄体ホルモンに対抗して、奪われる分の水分を補いましょう。特に、便秘に効果的なマグネシウムが含まれた、硬度の高いミネラルウォーターなどはさらに効果的です。また、腸の善玉菌を増やす食物繊維や乳酸菌飲料も十分に摂って、腸内環境を整えることで、腸の運動を活発にしましょう。

そして、何よりこうした毎月の症状を軽減するためには、普段から食生活などの生活習慣をしっかり管理することです。栄養バランスの取れた食事と、適度な運動、そして環境の改善によってストレスを軽減させることがとても大切であり、こうした基本的なことによって、心身ともに健康を保つ事で、生理前の便秘も避けることが出来るでしょう。