難消化性デキストリンについて

難消化性デキストリンとは?頑固な便秘に繊維の力を補おう!

頑固な便秘に苦しんでいる方の中には、「難消化性デキストリン」という名前をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。これは一体どんなものかというと、読んで字のごとく消化されにくいデキストリンであり、デキストリンというのは、数個のαーグルコースが結合した物質であり、デンプンの一種です。具体的には、トウモロコシやジャガイモなどの天然穀物を加熱処理後、アミラーゼで分解し、難消化性分を取り出し調整したもので、水溶性の食物繊維です。

食物繊維というのは、胃腸を通過する際に余分な物を吸着・掃除してくれる大切なものですが、欧米化の食生活によって、現代の日本人には不足しがちです。そこで食物繊維を補うため作られたのが難消化性デキストリンであり、特定保健用食品に認定されています。耐熱性・耐酸性に優れているため、食材素材として活躍する他、ダイエット食品やジュースにも使用され、サプリメント以外にも摂取できます。また、安全性や副作用についても問題は認められていません。

この難消化性デキストリンというのは透明な水溶液ですが、体内に入ると水分を取り込んで粘性の高いグル状となります。小腸でブドウ糖を吸収し、糖の吸収スピードを遅らせてくれるため、食後の急な血糖値の上昇を防いでくれます。また、脂肪の吸収スピードを遅らせ、内臓脂肪を低減する働きがあります。そしてミネラル吸収も促進します。つまり、便秘ばかりでなく、糖尿病の方や、肥満の方にも大変有効な成分なのです。

そして、便秘に良いとされる働きが、この難消化性の持つ整腸作用です。消化されにくいデキストリンは、上部消化管では消化されずに大腸に達します。さらに水分を抱え込んで保持しているため、便量を増加させ、柔らかくすることで、腸での滞在時間が短くなるのです。また、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きもあり、よく知られるビフィズス菌や乳酸菌がこれにあたります。

このように便秘に効果的な分、摂り過ぎると便がゆるくなる場合もあるので、その点だけ注意しましょう。天然成分から出来ているため安全性も高いですし、身体にとって大切な食物繊維を補うには最適とも言えます。もちろん食事から摂るのが一番ですが、外食など、不規則な食生活やを補うのに活用してみるのも良いでしょう。頑固な便秘の方はお試しあれ。