便秘症残便感とは

不快な便秘症状残便感はいきみが原因!便秘解消でスッキリしましょう

便秘と一言で言っても、その症状は人によって違います。便が固いという症状や、何日も出ないという症状などが多いのですが、意外に多いのが残便感があるという症状です。これも立派な便秘の症状の一つなのです。残便感というのは、文字通り便が残っている感じです。便を出したのにまだ残っている感じがあるのはとても不快なことですね。

この残便感を感じる場合は二通りあり、実際にまだ便が残っている場合と、残っていないのに、残っているように感じる場合です。どちらの場合も便秘には違いありませんが、問題が大きいのは後者です。この場合、一番多いケースとして、直腸瘤が考えられます。いきむことで直腸がうっ血し、炎症を起こした結果です。この直腸瘤があることで、便があるように感じるのです。

こうした残便感の症状は、ストレスが原因の痙攣性便秘でも起こりますが、最も多いのが直腸性便秘です。腸の働きには問題が無い場合が多く、便意を我慢することで固くなって出にくかったり、腹筋が弱かったりすることが原因なのです。いきんでも出ない排便障害を伴います。

本来便を出すときは、骨盤底筋がゆるんで、肛門と角度が会うことで、今度は肛門がゆるんで便を出します。しかし、何らかの原因で骨盤底筋が緊張したままゆるまないために、いきんでも便が出てくれないのです。こうした排便障害と残便感がある場合は、排便時になるべく前傾姿勢を取ることと、腹筋を鍛えて腹圧で出すことを心掛けましょう。なるべく無理にいきまないことが、悪化させない秘訣です。

もちろん根本的には便秘を解消することが需要です。それには食物繊維や乳酸菌、そして水分をたっぷり摂って、便を少しでも出しやすい状態にするだけでなく、食生活などの生活習慣の改善や、ストレスを軽減するための環境改善などが大切です。心身ともに健康を保つことこそ、残便感の無い快適な毎日を送る何よりの方法なのです。