便秘と食物繊維の種類

便秘に効く食物繊維 水溶性・不溶性の働きを知り更に効果アップを!

食物繊維が便秘に効くのは良く知られるところですね。食物繊維というのは人間の消化酵素では消化出来ないため、体内に入った時の状態のまま、消化吸収されずに腸内へ届きます。つまり大腸まで働く力を温存しているわけです。そして超の働きを活発にしたり、便を柔らかくしたりと、便秘解消に役立ってくれるのです。この食物繊維にも水溶性と不溶性があり、それぞれに特徴と役割が違ってきます。

まず水溶性食物繊維について説明しましょう。これは水に溶けて粘度が高い食物繊維で、水分を抱え込んでグル状になります。この水分によって便を柔らかくし、便秘を解消してくれるのです。腸に刺激を与えず蠕動運動を促進するので、ストレスが原因の痙攣性便秘に効果があります。また、この水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなるため、増加させることによって腸内環境を整えてくれます。

さらに付け加えると、胃の中の食べ物を包み込み、水分で膨張するため、満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐ効果もありますし、消化・吸収をゆっくり穏やかに保ってくれます。身体に優しく、ダイエット効果も期待出来、生活習慣病全般に効果を発揮してくれるでしょう。

次に不溶性食物繊維について説明しましょう。水に溶けないこの食物繊維は、腸まで原型を保ち、腸内細菌などを包み込んで便量を増やします。さらに水分を吸収し膨張します。そして腸を内側から刺激し、蠕動運動を促進することで、便秘を解消します。筋力低下で、蠕動運動が衰えることが原因の弛緩性便秘に効果があります。ただ、この腸への刺激が負担となるので、過敏性便秘の場合は逆に便秘の悪化や下痢を招くので気を付けましょう。

つまり、水溶性食物繊維は便を柔らかくしてくれ、不溶性食物繊維は便量を増やし、蠕動運動を活発にしてくれるのです。ですから便秘解消にはどちらも必要なものであり、自分の便秘の状態によって調節しなから、バランス良く摂取することが大切です。欧米化による食生活の変化によって不足しがちな食物繊維ですが、水溶性であれば海藻類やオクラ・なめこ・納豆などのヌルヌル食品から、また不溶性であれば豆類・イモ類・キノコ類などから積極的に摂るようにしましょう。足りない部分はサプリメントなどで補うのも一案です。