年齢と便秘の関係

若い頃はそうでもなかったのに・・最近やたらべんぴがちなのはなぜ?

便秘というと、若い女性のイメージがありますが、実は加齢と共に便秘になるという方も多く、お年寄りでは定番の悩みともなっています。何故加齢によって便秘になってしまうのでしょうか。それは、主に筋力の低下によります。この筋力の低下というのは、腹筋などの身体の表面のものだけに限らず、胃腸などの身体の内臓の筋力も含みます。

加齢によって、当然ながら胃腸の機能は低下します。もちろん大腸の筋力も衰えるため、蠕動運動が弱まり、その結果、便が腸内に長時間滞留してしまいます。このため水分がなくなり、便が硬くなってしまうのです。いわゆる弛緩性便秘です。もともと女性や子供など、筋力の弱い場合に起きるこの便秘は、高齢者にも多いのです。

また、高齢になるとともに、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えることも加齢による便秘の要因となります。悪玉菌は有害物質を作り、便秘を引き起こすのです。これは胃腸機能の低下のひとつでもあります。そしてまた、高齢になると、どうしても薬を常用する方が増えてきます。常用薬の副作用によって便秘を引き起こしている場合も意外に多いものなのです。

さらに、加齢と共に食事の量も減りがちですし、つい消化の良い食べ物を選びがちになります。すると食物繊維も少なくなり、さらに水分を摂ることも少なくなることからも、便秘になりがちになってしまいます。

そして、加齢によって起こる便秘の原因として運動不足も外せません。高齢になると、どうしても運動量が低下してしまいますが、それも筋力の低下を招く悪循環となります 。特に腹筋力の低下は、ダイレクトに排便困難となってしまいます。これらの理由から、加齢による便秘が起こりやすいのです。

通常は、ひどい便秘になると便秘薬に頼りがちになりますが、便秘薬というのは体力の低下を招きます。原因自体が体力の低下である加齢性の便秘にはあまり良くはありません。出来るだけ食物繊維の豊富な食事を心掛け、またウォーキングや腹筋などの運動を毎日無理なく続けるなど、生活習慣の改善によって症状を軽減させましょう。加齢による慢性の便秘には、それに勝る薬はないのです。