産後の便秘には水分補給を

産後のデリケートな体に便秘は大敵!水分をたっぷり摂って解消しよう

産後のお母さんの身体はとてもデリケートです。約1か月は、骨盤や子宮が急速に戻る時期でもあり、子宮からは、分泌物が排出され続けます。この時期を産褥期と言われ、安静が必要です。この時期に無理をすると、昔から産後の肥立ちが悪くなるとされ、その後の身体の回復が遅くなってしまうのです。

この産後には、子宮が戻る痛みなどの他に、便秘に悩まされる方も多いものです。産後は母乳育児が始まりますが、母乳が出ている間というのは、水分が優先的に母乳に取られます。ですからお母さんはその分、水分を余分に摂らないと、自分の身体が水分不足となってしまい、便が硬くなり、便秘になってしまうのです。

また、出産時の会陰部の傷が痛かったり、妊娠中からの腹筋の低下もあって、なかなかいきむことが出来ずに、便を排出出来ないという理由も大きいでしょう。加えて、出産時のいきみや、妊娠中からの子宮の圧迫による肛門付近のうっ血が原因で、痔になる方はかなり多いのです。痔が痛むのも、同様にいきめなかったり、便を出すのが怖くて敬遠しがちになってしまいます。

そしてもう一つ、産後のお母さんが便秘になる大きな要因として、赤ちゃんの育児があります。赤ちゃんの世話は24時間休む暇がありません。ゆっくりと、トイレの時間を取ることも出来ないのです。赤ちゃんが泣けばタイミングを逃したり、途中で出て来なければなりません。このように便意を我慢しているうちに、便はますます固く出にくくなってしまい、便意を感じる機能も低下してしまうのです。これでは悪循環で、便秘はどんどん悪化してしまいますね。

このような産後の便秘を避けるには、まずは水分をたっぷり摂ることです。水が飲みにくいのであれば、お茶や糖分の少ないジュースでも良いですし、食事にスープや汁物をプラスするのも良い方法です。1日最低でも2リットルは水分を補給するようにしましょう。

そして、もちろん食事も栄養バランスよく摂ることが大切です。特に、便秘解消に効果的な食物繊維はたっぷり摂りましょう。イモ類豆類海藻類キノコ類・根菜類を豊富に取り入れ、野菜中心の食事を心掛けましょう。また、腸内環境を良好にしてくれる乳酸菌も便秘には大事です。乳酸飲料はもちろんのこと、ヨーグルトや発酵食品をまめに摂り、便を柔らかく、腸の働きを活発にしましょう。

産後のお母さんにとって、身体の回復にとても大切な時期だからこそ、育児に忙しいとはいえ、出来るだけ食事と睡眠をしっかり摂り、便秘と共に、健康にも十分な配慮を心掛けてください。